トップページ日記2017-02-19 > エテモンキーは鍵だらけ、俺の部屋はスピーカーだらけ

エテモンキーは鍵だらけ、俺の部屋はスピーカーだらけ

もう本当によくわからないが、初期不良と判断されて代わりのスピーカーが送られてくるが、鳴らない。オーディオのスピーカーじゃなくて、パソコンのちゃちいスピーカーだよ(そのくせウーハーがついてたりするのだが)。もう完全に頭にきて、近所の量販店でボーズのやつを買ってくる(ボーズなんて高いだけで音よくないのにな!)。

で、実験用に、とにかくなんでもいいからとユーチューブで上のほうにあるやつを適当に再生させていたわけだが、ようやく鳴ったよ、よくわからないアイドルグループのやつが。せっかくだからと見てみたのは、昨日寝る前に桐野夏生の『奴隷小説』なんか読んだせいか(地下アイドルの話がある)。二人セゾン? 欅坂46? 平手友梨奈? なんだこれ……すげえ。知らなかったけど、衝撃を受けた。最近で言えば、中原亜梨沙の『ゆうなれば花』くらい感動した(いま思いつく最高の褒め言葉)。

俺が中学生だったら間違いなく夢中になって、秋葉原で変な踊りとかするオタクになっていただろう。いやー、怖い。歌詞がどうとか曲がどうとか関係ない。かつて角川映画に夢中になった40代、50代に秋元康を笑う資格はない。神がかりのプロデューサーも、大林宣彦のサブい映画おたくぶりも、相米慎二のアンゲロプロスぶりっこも関係ないからね。80年代の角川映画が面白かったのは、100パーセント薬師丸ひろ子の力だ(それがわかってたから角川春樹や相米慎二は偉いと思うが)。

というわけで、原稿まったくできず。

カテゴリー: [日記] - 17:35:59

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章