トップページ日記2016-04-06 > シラフだからといって原稿が進むとは限らない

シラフだからといって原稿が進むとは限らない

去年の末、数十年ぶりに通風の発作が起こり、意を決してダイエットをした。元が重かったので5キロくらいはすぐに落ちたが、その先がなかなか難しい。ピザ焼いてテキーラ! とか言っているんだから、それもしかたがないかもしれない。マイナス5キロをキープできてるのが不思議なくらいだ。

で、尿酸値が気になるところなのだが、どうせ医者に行くのならと、明日は人間ドッグ。東京にいたとき以来だから、7~8年ぶりか。胃カメラ飲むので午後9時以降の食事はダメ。酒も飲めない。煙草も……まあ、本当はダメなんだろうけど(汗)。

しかし、原稿が進まない。酒さえ飲まなきゃすげー書けるぜ、といつも思っているが、所詮はタラレバの話。オナニーばっかりしてダメだこりゃ。

なかにし礼の『兄弟』で、ダメ兄貴がセックスを語るシーンがあって、やってやってやりまくって、もう出ないと思ったところで至る射精が桃源郷、みたいな内容なのだが、あれ、オナニーだったらよくわかる。出して出して出しまくって、もう絶対無理なフニャチン状態から、イマジネーションを駆使して見事放出に辿り着いたとき、世界は俺のもの、という気分になる。

……すいません。ちょっと言いすぎました。

カテゴリー: [日記] - 23:44:04

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章