トップページ日記2015-12-20 > 2015年をキレ気味に振り返る

2015年をキレ気味に振り返る

すでに来年1月の新刊情報が出まわっているのでそれについて書きたいのだが、その前に今年の総括、恒例の「キレ振り」。

終わりよければすべてよし、の伝で行けば、今年は最悪。11月から、親知らず・痛風・ぎっくり腰と負の連鎖が続き、いまだ腰は治らず。東京で飲みすぎたダメージからも回復できないまま、座っているのもつらいわけですが、体調が悪いとなぜが原稿だけはやたらと進む。ハッと気がつくと20枚くらい書けてる。なんで……。超能力?

しかし2015年、仕事していた以外なんの記憶もないなあ。プライヴェートが落ち着いていたので、キャリア史上もっとも仕事に集中できた年ではあったけど、思ったほどセールスや評価がついてこなかったので、まあ、また1から出直しって感じですかね。

個人的な目標だった自動車免許もとれず、来年もとれそうもないので、ついに電動アシスト付き自転車を買ったりして、深い敗北感。思ったほどスピードが出ないくせに、1日1回はクルマにひかれそうになるのはなぜ? 釣り竿2本も貰ったのに、釣りもできてない。まあ、そのうち暇になったらやればいいけど……。

うーん、全然キレられないな。

まあ、来年は今年以上に仕事が激動ですね。それは間違いない。

なにしろ1発目が、阿部定生誕110周年記念、特別企画ですから。

阿部定篇=俺、石田吉蔵篇=橘真児、解説=睦月影郎(生前の阿部定に会おうと画策した事情通)、カバーイラスト=大ファンなのでダメ元でオファーしてくれと担当編集者に泣いて頼んだ某有名漫画家という、超豪華ラインアップ。

「いやー、橘さん、よくオファー受けましたね。いまの俺の向こうを張ろうなんていい度胸ですよ。目にもの見せてやるって言っといてください。ダハハハ」と高笑いをあげていたものの、力が入りすぎて1年前から言われていた締めきりを落とし、「阿部定のオバケが出て書くなって言うんですよー。いや、マジで」と言い訳したら、大人になって初めてってくらい怒られました。おまけに、やたらと出来のいい橘さんの原稿に目にもの見せられてギャフン。

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9A%E3%80%81%E5%90%89%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%8D%89%E5%87%AA-%E5%84%AA/dp/4575518603/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1450574479&sr=1-1

正月休みでお金を使っちまわないうちに要予約!
官能小説の未来がここにある(本当だよ!)。
「いよいよ俺様の時代がやってきた」と橘真児が豪語してました(俺の夢の中で)。
「これ読まないで官能小説がどーたら言うやつは、全員死ねばいいよな」とも(草凪優48歳、いつだって夢の中)。

カテゴリー: [日記] - 11:08:47

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章