トップページ日記2015-08-07 > アンソロジー『戯れて』(双葉文庫)発売中

アンソロジー『戯れて』(双葉文庫)発売中

僕は「人魚の戯れ」という作品を書いてます。ひとり70枚なので、普通のアンソロより読み応えがあると思います。どうぞよろしく。
わかる人はわかると思いますが、「人魚の戯れ」というタイトルは、ダーティ・松本氏の漫画へのオマージュ。内容は全然関係ありませんが。てか、覚えてないよ。読んだの小学生だから。

http://www.amazon.co.jp/%E6%88%AF%E3%82%8C%E3%81%A6-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%97%8D%E5%B7%9D-%E4%BA%AC/dp/4575518123

沖縄本島に直撃は免れたようですが、台風接近につき、風が唸っています。なんかもう24時間以上、強い風が続いている。

話は変わりまして、「J-novel」(実業之日本社)に連載してた『黒闇』が、来月上梓されるわけですが、初のハードカバーなわけですよ。この出版不況のご時世に……とすごい緊張感なわけですが、発売に先立ってゲラの状態で文芸評論家の方とか、書店員の方とかに読んでもらってまして。その感想がけっこう好意的だったり、意外なほど熱かったりして、ちょっと舞いあがってます。装幀もすごくいいし。エロ小説なんて書き飛ばしてると、四六の単行本なんて関係ない世界ですからね。新しい世界を垣間見れてとても新鮮。

しかし、それにしても世の中の人はエロに対して抵抗感あるんだなー、とあらためて。
まあ、僕にしても最初はかなり抵抗感があり、抵抗感があるからこそ、それを突き破って書くことが気持ちよかったりしたわけですが、10年も書いてると、感覚がすっかり麻痺してしまって、すれっからしな気分です。羞恥心のないところにエロはないので、気をつけないと。

カテゴリー: [日記] - 05:32:53

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章