トップページ日記2014-05-03 > 勝つためにしかやらないのかい? 読売ジャイアンツみたいだな

勝つためにしかやらないのかい? 読売ジャイアンツみたいだな

矢作俊彦の映画で宍戸錠が江口洋介に吐き捨てた台詞。
勝負の醍醐味は負けも込み。負けて開ける地平もある。
まあ、僕は負けるの大嫌いですけど。

さて新刊。
『私の前に、最後の女』(徳間文庫)

http://www.amazon.co.jp/dp/4198938296/?tag=vc-1-174307-22&linkCode=ure

沖縄を舞台にエロ版『マディソン郡の橋』を書くつもりが、ノリで出した二番手のヒロイン、割烹着のリケジョが面白くて、こっちをメインにしてやろうとか半分書いたところで思ったものの、やっぱり初志貫徹して書いた最後の恋の物語。ついでに言うと、舞台は沖縄でも、ヒロインは色白の東北美人。白い肌が亜熱帯気候で汗まみれ。

ちなみに、沖縄が舞台とはいえ、これを読んでも沖縄についてなんら知識を得ることなく、むしろ誤解ばかり与えるような内容なのでご注意を。定価とISBNコード以外はだいたい嘘。それが大人のファンタジー。

面白きゃいいじゃないの!(原田芳雄「B級パラダイス」)

カテゴリー: [日記] - 12:39:48

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章