トップページ日記2012-12-11 > 『こんな官能小説が読みたかった[2013年版]』(綜合図書)

『こんな官能小説が読みたかった[2013年版]』(綜合図書)

拙作「酔う尻」が所収されています。物差しSMです(笑)。

猿楽一さん、いしいのりえさん、葉月奏太さん、お褒めいただきありがとうございます。

しかし、みなさんの1年を振り返る文章を読んでてつくづく思うのは、「ポルノ小説」というジャンルがいよいよ解体されてきたな、ということですね。そのことに解放感を覚えている自分がいる一方で、危機感も覚えずにはいられません。あれだけ隆盛を極めたミステリがいまどうなっているのかって考えると、恐ろしいものがありますよ。まあ、作家は結局、ひとりひとりなんですけれども。要するに自分だけ生き残れればいんですけど。俺が生き残るためにジャンルが健全であってほしいと思うのは、わがままなんでしょうかねえ。ジャンルというか、シーンというか、そういった崇高なる虚構に与しようと孤軍奮闘している特選さんの増刊号を読んでそんなことを思ってしまうのは皮肉かもしれません。

カテゴリー: [日記] - 06:00:01

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章