トップページ日記2011-06-27 > 俺たちの時代

俺たちの時代

大柴宗平さんの結婚式に出る。

大柴さんとは同い年。

その仕事にはいつも刺激を受けている。エロさに対してストレートで、ブレがないのがいい。エロというのはどうしてもコンサバティブに陥りがちだが、その中にあって常に新鮮さを追求しようという姿勢には頭がさがる。

同世代の作家、イラストレーター、編集者は、けっこういるが、上の世代の壁は厚く、新人の台頭に驚異を感じながら、しかし中堅に甘んじててはいけないと思う。

俺たちの時代をつくらなくちゃダメだと焦る。

いましかないぞ、俺たちがやるのは!

そんなことを考えさせられた日曜日。

二次会のくじ引きでディズニーランドのペアチケットがあたる。

一緒に行く女の人をピックアップしようとするもフラれまくり。

禍福はあざなえる縄のごとし。

深夜に那覇。

ねっとりした南国の夜風に安堵。

カテゴリー: [日記] - 06:17:18

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章