トップページ日記2010-08-11 > カフェ嫌い

カフェ嫌い

カフェって言い方が嫌いだ。まあ、白金とか麻布とかにはそうとしか呼びようのない店もあるんだろうけど、おしゃれでもなんでもない町にあるコーヒー飲むだけの店をカフェなんて……滑稽だ。薄っぺらい。恥ずかしすぎて眼がくらむ。喫茶店=サテンでいいじゃないか(スターバックスとかはカフェかもしれないが、コーヒー飲みながら煙草を吸う恍惚を否定するような店には絶対行かない)。

だいたいにして、カフェという言葉から連想されるのは、暇をもてあました女子のガールズトークとか、キャリアを選ぶか結婚を選ぶか迷ってる三十路女の溜息であって、ちっとも男らしくない。僕が好きなサテンは、テーブルの下でいけない薬を受け渡してたり、ソープ嬢の面接をしてたり、仕事をサボった営業マンが眼を血走らせて競馬新聞を読んでいたり、やくざが地上げや債権追い込みの打ち合わせをしている(ように見えるだけで事実は知らないが)。ひりひりするような緊張感と、ダメ人間が醸しだすどんよりした倦怠感が、いい感じでミックスされている。

たまにそういう店でゲラを読んだりもするけど、すぐにまわりの人の人生の濃さに敗北し、飲みにいくことになる。ちなみに浅草のサテンには、うまいカツ重やポークソテーを出す店や、オムやきそば発祥の店や、もんじゃが食える店まである。あと、ナポリタンを頼むとたいていアンチ・アルデンテで、べちょっとしてて昭和の味。これがまたうまい。

カテゴリー: [日記] - 14:11:00

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章