トップページ日記2010-04-14 > 4月の新刊(2)

4月の新刊(2)

『ごっくん桃乳』(双葉文庫)は、もうお読みいただけましたでしょうか? まだの人はぜひ。ぼやぼやしてると、今月は後半にもう1冊出ちゃいます。

『誘惑パラダイス-淫らな女神-』(竹書房ラブロマン文庫)

すでにアマゾンでは予約受付中。

http://www.amazon.co.jp/%E8%AA%98%E6%83%91%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9-%E8%8D%89%E5%87%AA-%E5%84%AA/dp/4812441722/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1271188234&sr=1-1

すげえな草凪、月に2本も書いたのかよ、と思われる向きもあるかもしれませんが、すいません。再刊です。業界で言うところの2次文庫です。原本は双葉文庫の『ふしだら天使』。記念すべきデビュー作です。2004年9月刊ですから、5年以上前になりますが、もし読んだ方がいられましたら重複購入しないようにご注意くださいませ。わかってて買っていただくぶんにはかまいませんが(笑)。双葉文庫の小玉さんのカヴァーもすごい好きでしたけど、今回の妃さんのやつも素晴らしいアガリですので(ってゆーかエロすぎる。服着てるのに、眼つきと腰つきが)。

もし読んでいらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひ。デビュー作にはすべてが詰まってるなんてことが言われたりもしますが、やっぱそういう出来だと思います。未来を賭けて書いたものだし、双葉社としても無名の新人を売りだすのは冒険だったろうし。

文章とかは荒っぽいかもしれませんが、「僕なりにこういうのがエロいと思う!」という新機軸を頑張って書いてます。「少年と年上の女」というテーマでは、東の横綱に癒し系の巨匠・牧村さんがいて(デビュー作では帯書いてもらいました。ありがとうございます。おかげでなんとかなりました)、西にはフェチの怪物・睦月さんがいましたけど、ちょっとは違う世界観が打ち出せたはず。『ふしだら天使』を読んで祥伝社さんなんかはオファーくれたし、他にもいろんな版元の人が読んで評価してくれました。

というわけで、最近僕のことを知った方はぜひお手に取ってみてください。よろしくお願いいたします。

カテゴリー: [日記] - 05:26:19

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章