トップページ日記 > 2010-04-07

自己嫌悪なう

宝島社『この官能文庫がすごい』座談会。偉い先輩作家3人と。人に会うのは正確に25日ぶり。緊張する。

でも、官能小説家になってよかったと感慨深い一夜に。そーかー、俺もついにこういう席に呼ばれるようになったかー、なんて。なのに、宝島社の編集者があまりにも美人だったゆえ、座談会に気が入らず。めざましテレビかと思った。しかし、そんな美女たちの前でオナニーとかソープとか中折れとか言わなきゃいけない生業の哀しさしみじみ。

深夜、偉い人がふたり帰り、抑圧が三分の一になったので、結局朝まではじける。なぜかメンバーが宝島社から双葉社になっている。私生活についていろいろ愚痴った気がする。すいません。

カテゴリー: [日記] - 12:44:12

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章