トップページ日記2010-04-02 > サクラサク

サクラサク

月末の長編の締め切りを奇跡のマジックでクリアし、考えてみれば2010年はすでに3回も奇跡を起こしていて、3回続けばもう奇跡ではなく実力、人間やればできるものだと自信を深めている一方、体重はどんどん増えつづけ、体力は削られていくばかりなのは宿命というやつなのでしょうか。昨日、朝早く煙草を買いに行くと、ほんの200メートルくらいの間にもかかわらず、通勤途中のサラリーマンに2回も追い抜かれました。いったいどんだけゆっくり歩いてるんだ、俺。抜かれないよ、普通……。

しかし、まあ、締め切りをひとつクリアしたところで、短編の締め切り、連載の締め切りと続くわけで、休んでいる暇なんてこれっぽっちもありません。が、桜も咲いたことだし、犬もうるさいのでちょっと散歩に出てきました。うちはごはんを食べながらでも、ベッドに寝っころがっていても墨堤の桜がよく見えるので、引きこもり大好きなエロ作家にはジャストフィットな花見いらずの家なわけですが、やはり桜の花は上から見下ろすものではなく、下から見上げたほうがいい。まだ七分から八分咲きといったところですが、いや~堪能しました。週末にはたぶん、サライを歌いながら桜吹雪が楽しめるでしょう。

今年はなんか、例年と比べて花見客も多い感じです。不況だから、あんまり予算のかからない宴会として花見が見直されてるんですかね。それとも久しぶりに暖かかったからですかね。でも、みなさんまだまだ気合いが足りませんね。深夜になって少し寒くなり、風が強くなるとサーッといなくなっちゃう。花見っていうのは(とくに夜桜見物は)、段ボールの上にブルーシートを敷き、その上にコタツ、コタツの上には鍋用と熱燗用にそれぞれガスコンロを置いてやるものです。マフラーやダウン、ドテラや毛布なんかもあればなおベター。じゃないと年度初めから風邪ひいちゃいますよ。そこまでしても、この風じゃ無理か……。

カテゴリー: [日記] - 03:39:59

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章