トップページ日記2009-11-02 > 捲土重来を期す

捲土重来を期す

官能アンソロジー『妖炎奇譚』(祥伝社文庫)の人気投票の結果が出ました。

http://www.shodensha.co.jp/youen/

第1位は藍川京さんの「紅い櫛」。おめでとうございます。

とはいえ、僕自身も第1位を狙っていただけに、非常に残念。う~~~ん、悔しい。第1位になったあかつきには、銀座でシャンパン抜いたりして、まわりがウザがるほど思いきり喜んでやろうと計画していたので、負けたからには思いきり悔しがらなければなりません。観音裏で気絶するまでホッピーでも飲もうと思います。

思えば、この企画のそもそもの始まりは、浅草の煮込みストリートで睦月さんや館さんと飲んでいたときのことです。ホッピーですっかりご機嫌になった睦月さんが訊ねてきました。
「草凪くん、祥伝社のホラーアンソロもう書いた?」
「ええ、書きました」
「今度のやつは絶対の自信作なんだよ」
「僕もですよ。まあ、僕の場合はいつもですけど」
「じゃあ人気投票やろうか? ミクシイで」
「ミクシイはしょぼいんじゃないすか」
みたいな酒場の与太話が二転三転して育っていき、版元主催の図書カードがあたる人気投票になったのでした。
そうそう、「なんなの、人気投票って?」と後日訊ねてきた橘さんのことも忘れてはいけません。「祥伝社から電話かかってきて、睦月さんと草凪さんが人気投票やりたがってるって言うんだよ。俺忙しくて●日で書いたんだって。やばいよー」と口では言いながらも、眼に不敵な笑みが浮かんでいるのを僕は見逃しませんでした。

まあ、僕的には残念な結果に終わりましたけども、投票開催期間中の3カ月間、業界関係者と会うとけっこう話題にものぼったし、たまにはこういうのも面白いと思いました。ただ、第1位になったら、もっと華やかに祝福されてもいいかもしれませんよね。見方によっては当然の結果みたいな感じもするかもしれませんが、上記のように、各々自信満々の執筆者陣の頂点に立ったわけですから、やっぱこれはすごいことですよ。

う~~~ん、負け犬の僕に捲土重来のチャンスはあるんでしょうか?
アンソロの企画に悩んでいる出版関係者の方、今度は賞金マッチとかどうですか? 第1位が印税総取りのガチンコ勝負とか(冗談ですからね)。

カテゴリー: [日記] - 16:16:35

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章