トップページ日記2008-12-02 > 江戸前でヌキたい!

江戸前でヌキたい!

といっても、天ぷら蕎麦の蕎麦ヌキで一杯飲もうって話ではありません。ああ、ダジャレ嫌いなのに……思いついたからつい書いちゃった。

今年9冊目の新刊『おすそ乱し。』がいよいよ12月5日、発売されます。アマゾンでは予約を開始したみたいなので、よろしくお願いいたします↓

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%9D%E4%B9%B1%E3%81%97%E3%80%82-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%8F-%E8%8D%89%E5%87%AA-%E5%84%AA/dp/4198928932/ref=sr_1_34?ie=UTF8&s=books&qid=1228163257&sr=1-34

和モノです。芸者、浅草、人情色物語です。徳間文庫・下町エロスシリーズ第3弾となる本作ですが、いままでとはひと味もふた味も違います。ド演歌ファイターならぬド演歌官能。時代官能を書かない僕からの、時代官能への挑戦状と言っても過言ではないでしょう。なにしろ、女はほぼみんな着物、男は江戸前の落語口調。現代の設定なのに(笑)。

「可愛い顔して、こういうことに慣れてるのかい? ちくしょうめ」
「まさか。わたし、初めてだし」
「おぼこってことかい? 馬鹿言っちゃいけねえよ。どこの世界に男の部屋に押しかけてくるおぼこがいるかよ……」

「ちょいといいだろう?」
「お願い、許して。着物が乱れちゃったらちょいとじゃ直せないんだから」
「わかってるよ、そんなこたあ」

2008年のラストを飾る入魂の一作、てかぁ!

カテゴリー: [日記] - 05:49:31

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章