トップページ日記2008-11-11 > 十条/赤羽

十条/赤羽

新作プロットで悩みに悩み中。
僕は基本的に悩まない性格なので、きわめて珍しい現象。

そんなことを言いながら、土曜日は十条にある名門居酒屋、斉藤酒場へ。10年ぶりだがやっぱいい。つまみは200円~300円だし(でも旨い)、熱燗は180円だし(酒なんて温めればなんだって旨いよ)。最高っすねー。

ただ、すごく混んでてうるさいので、久しぶりに会った友達とろくに話ができずに残念。しかも、じゃあ静かなバーにでも移動しようか、と店を出ると、「えっ? キャバ行かないの」。

いやいや、今日はつもる話をしに来たんだが……男同士でしみじみ……だいたい、十条にキャバなんてないよ。

だが友達譲らず、結局赤羽まで行って、キャバ、キャバ、中国人クラブ……。

最初の店ですごい美人が連続で出てきて驚いてたら、中締めの料金を見た友達が、「赤羽でこの値段かよ!」とブチキレる。

1時間半くらいいて2人で4万弱だったから、ちょっと高いか? でも、たとえ六本木でも生意気なブスばっかりつけられたら意味ないぜ、キャバなんて女だよ。と僕もキレ気味。延長しようぜ! だいたい、キミにばかりいい女がついてたから、その女を指名したいんだ。昔から彼と一緒だとかならず向こうにいい女が行き、俺はよほどブス専に見えるのだろうかと一時は真剣に悩んでいたものだ。

で、安いキャバに移動したら、そこにもひとりものすごい好みがいた。もちろんあっちについた(ありえない……)。まあ、朝まで飲まずに帰ろうという気になったから、健康と懐にはよかったかもしれない。

カテゴリー: [日記] - 17:02:58

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章