トップページ日記2008-05-28 > 那覇から日記

那覇日記

新作の構想を練るために月曜日から那覇に着ています。
まあ、そんなに偉そうなことでもないんですが、環境が変わればいいアイデアも浮かぶかなーと思いまして……。
正直、暑いのと酒がうまいので小説のことなんてなにも考えられませんけどね。
取材もかねていかがわしい場所にもいろいろ行ってみたものの、アイデアどころかポン引きのカモになるばっかりで、ダメだこりゃあ、という感じです。

しかし沖縄は、ダメな男にやさしいことにかけては日本一(?)。
町を歩いていて自分よりダメそうだなーと思う男とすれ違う確率は、浅草以上かもしれません。

以下、思いつくままに。

沖縄は梅雨入り宣言したのに、それからまだ一度も雨が降っていないらしく、いまも青い空、白い雲。完全に夏で、昼間の日差しは強烈すぎ。30分歩いただけで汗みどろ。

せっかく沖縄にきたのに、まだ海を見てません。離島に行きたいけど、そんな元気は今回はなし。

滞在している宿は、東京で言えば新宿のゴールデン街と浅草観音裏を足して2で割って、40年くらい昔にタイムスリップしたような飲み屋街の隣。町には『銀座の恋の物語』とか古い日活映画のポスターが残り(わざとだろうけど)、おでん屋で飲んでると元美人のおばぁがジュークボックス(!)で普通に『赤いハンカチ』をかけたりします。

あと、和洋の懐メロをDJふうに1曲ずつかけているバーがあって、そこのマスターは客の好みの曲をあてることで有名らしいのですが、本当にあてられてびっくり仰天。注文以外ひとこともしゃべってないのに、こちらの反応を見ながら徐々に好みに近づけていき、10曲目くらいでリクエストしようと思ってた曲を見事に的中。ちなみにその曲は、ボブ・マーレーの『ジャミン』。普通わかんないだろ、そんなの……。うれしくなってマスターと店の女の子に一杯奢り、ドアーズの『LAウーマン』をリクエストして大騒ぎ。あてないほうがよかったかもね、マスター。

いかがわしい関係は……都合により割愛。

で、昼間は二日酔いで使いものにならないので、クーラーの効いた部屋でベッドに寝ころびずーっと本を読んでるわけですが、川口松太郎の『人情馬鹿物語』に呆然。あまりのすごさに自分の小説のことなんて考えるのがますますいやになる。

カテゴリー: [日記] - 13:16:55

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章