トップページ日記2008-02-23 > 湿度を、もっと湿度を

湿度を、もっと湿度を

ひと月ほど前から喉の調子が悪く、昨日はついに咳きこんで眠れなくなったので、やむなく医者へ。喫煙歴25年なのでついに肺ガンか、あるいは結核かと、覚悟を決めていったのだが……。

まあ、たいしたことはなく、アレルギー性のものらしい。薬をもらう。飲むとものすごく眠くなる。だいたい咳止めの薬なんて、大量摂取してラリッている連中もいるような類のものなので、頭がぼんやりする成分がたっぷり配合されているのだろう。

眠いと仕事にならないし、アレルギー性なら死にはすまいと、薬をやめて加湿器を買うことにする。思いつくのがものすごく遅かった気がしたが、思いついた自分を褒めてやりたくなる。

早速近所の電気屋に行くと、煙草吸うならこちらがお勧めですよ、と単なる加湿器ではなく空気清浄機を見せられる。機能がややこしいのはいやだったが、面倒くさいのでそれでいいですと答える。5年保証に入るとお得ですよ、と言われる。煙草吸ってる部屋で1年も使かってりゃあ白いボディが真っ茶色だよ、だいたいキャバクラ1回分くらいの値段のくせに5年保証とは大仰な、キャバクラ嬢なんて3万円ふんだくっても、店出て5秒後には俺のことなんか忘れてるね、と思ったが、さっさと帰りたかったので黙って保険に入る。

ふらふらしながら持って帰ってきて、30分ほど前にセッティング完了。

……ものすごくうるさい。

つけたまま眠れますみたいなコピーがついていた気がしたが、かなり神経に障る音だぞ……。

中和するためにステレオの音をいつもの5割アップ!

だんだん頭が痛くなってくる。

しかも、湿度も全然あがらない。

ずうううーっと、湿度30パーセント以下(最低)の表示のまま。

イオンとかそんなのいいから、湿度をあげてくれ。

こんなことなら、携帯コンロでお湯でも沸かしたほうがマシだったんじゃないだろうか……。

ってゆーか、煙草やめればなにもかも解決するんだが……。

カテゴリー: [日記] - 19:41:39

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章