トップページ日記2008-01-21 > 『おさな妻』増刷決定!

『おさな妻』増刷決定!

双葉文庫から出ている『おさな妻』の増刷が決定しました。ありがとうございます。初版は2006年の4月なので、約2年前。けっこう思い入れのある作品なので、とても嬉しいです。

童貞と処女の話で、いまちらっと読みかえしたら、すごく恥ずかしいというか、照れくさい雰囲気でした。そういうのを狙ってたというか、漫画の『ふたりエッチ』を意識してたのかも。未読の方は、身悶えしながら読んでください。

そうそう、実はこのホームページのトップにあるイラストは『おさな妻』のものを使っています。小玉さんのこの絵、とってもいいですよね。

以下、かなりどうでもいい話になりますが、先週の『アド街ック天国』(テレビ東京)で神楽坂が取りあげられていて、双葉社さんとの打ち合わせで行ったフレンチ・レストランが出てきました(双葉社は神楽坂のすぐ近く)。料亭だった建物を改造して、畳の上に椅子とテーブルが置いてあったりして、フレンチなのに箸で食うとか、異常にカッコいい店でした。でも、そのとき隣に座ってたのがイラストレーターの川上千尋さんで、僕はかねてからのファンだったのでものすごく緊張していて、味とか全然覚えていません。また行きたいなあと言ったらいやらしいですか? いやらしいですね。 あさましいですね。今度は自腹で行きますよ、もちろん。あ、でも山形郷土料理の「もー吉」とちゃんこの「黒潮」はマジで旨そうだった、旨そうだった、旨そうだった……なんか今日、食べることばっかり書いてるなあ。

カテゴリー: [日記] - 16:57:12

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章