トップページ日記2007-12-29 > まだ忘年会がつづいている

まだ忘年会がつづいている

昨日も2時まで飲んだ。エロ関係ではない文芸系の忘年会に図々しく飛び入りし、憧れの人に会う。予想どおり豪快な人だった(女の人だけど)。あと、時代作家さんライターさんデザイナーさん大学の講師さんなど、普段では酒席をともにするわけもない方々とご一緒できて、文化の香りに酔う。

しかし、同世代の人と会うと、自分の薄っぺらい生き方が嫌になってくる。40くらいになると、会社である程度ポジションがあったり、仕事で実績を残してたり、可愛い子供がいたり……いろいろと思うところが多かった。

来年の目標は「やりたいことだけしかやらない」としようと思っていたけど、多少はしんどいこともやっとかないと、5年後10年後に困るかもしれない。

思えば僕が官能小説を書きはじめたきっかけは、いろいろあってそれまでの生き方が嫌になり、「これからは好きなことだけを考えて生きよう。ならばエロだ。エロのことだけ考えてればいいなんて、なんて平和で幸せそうなのだろう」というものだった。で、それまでのキャリア(たいしたものではないが)をすっぱり捨てて、朝から晩までエロいことしか考えなくなったのである。一種の脳内ひきこもりだ。

それからほぼ5年。「草凪優」の名前でいまのテイストの官能小説を書きはじめてからは、3年とちょっと。当初には思ってもみなかったほど順調に作品を発表できているけれど、おかげでいろいろと野心が生まれた。もっとエロいものが書けそうな気がする。いままでなかったエロを書いてみたいとも思う。そのためにはまだまだ勉強が必要……と真面目に書きはじめたつもりなのに、なにしろ問題はチ○コとマ○コの話なので、勉強といっても……どうなんだろう?(笑)

とにかく体が動くうちにいろんなことを吸収したい。

そんなことを言いながら、今日もこれから忘年会。本年のラストは、近所の居酒屋の常連さんたちと下町の洋食屋で食べまくり、飲みまくる会。カロリー高そうでものすごく心配だ。

カテゴリー: [日記] - 12:11:46

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章