トップページ日記2007-10-12 > 『夜の手習い』増刷決定!

『夜の手習い』増刷決定!

『夜の手習い』は6月に出したので、ほぼ4ヶ月で増刷です。
非常に思い入れの深い作品で、そのぶん分厚くなってしまって、セールスに響いたらどうしようかと思っていたので、とても嬉しいです。
まだお読みになっていない方は、この機会にぜひどうぞ!
月末くらいには2刷の本が書店さんに並ぶと思います。

それはそうと……『ダカーポ』休刊らしいですね。
このなかに「くらいまっくす」という官能小説を紹介するコーナーがあり、官能小説評論の第一人者・永田守弘先生が筆をふるっておられます。永田先生は毎月出ている官能小説をすべて読破しているすごい人で、『ダカーポ』の他にも、サンケイスポーツや特選小説などに官能小説の紹介コーナーをおもちです。

デビュー以来、永田先生に褒められことがひとつの夢であり、目標でした。『ダカーポ』はマガジンハウスだし、一般誌だし、扱いも大きいので、取りあげてもらったときはとても嬉しかったものです。いちばん最近取りあげられたのは『秘密』ですね。

また、ある宴席で、『夜の手習い』を「あれはよかった。新しいよ」と褒めていただいたことも忘れられません。ありがとうございました、永田先生。ひとつの大仕事が終わって、お疲れ様です。まだまだお元気で、官能評論を続けていただけるよう心からお祈りいたしております。

※僕は基本的にどんな先輩作家の方にも「先生」をつけないことを旨としていて、なぜかというと官能小説作家の人は偉い方ほど「先生」と呼ばれるのが嫌いみたいだからなのですが、永田先生だけはその貫禄・人徳・風貌から、自然と「先生」と呼んでしまいます。決して、もっと僕の本を紹介してよ、と媚びているわけではありません(笑)。

カテゴリー: [日記] - 11:03:18

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章