トップページ日記2007-07-07 > 『この文庫がすごい! 2007年度版』

『この文庫がすごい! 2007年度版』

現在発売中の『この文庫がすごい!』の名物コーナー「官能文庫大賞2007」で、僕の本が2冊取りあげられています。
思えば2年前、『桃色リクルートガール』がこの企画で官能文庫大賞をいただいて以来、半分お遊びの企画だとわかっていても、ちゃっかりプロフィールに載せたりしてまして、関係者の方々には足を向けて眠れません。

で、今回ノミネートされたのは『公園で萌えて』と『色街そだち』。
どちらも死んだら棺桶に一緒に入れてほしいほど愛着がある作品です。
が、結果は残念。『公園で萌えて』が次点扱いの「京子ちゃん賞」を受けましたが、大賞は逃してしまいました。
とはいえ、官能小説は感想を聞かされることが極端に少ないジャンルであり、ましてや活字でともなると滅多にありませんから、座談会の様子を今回も興味深く読ましていただきました。
そもそも8作しかないノミネート作品のうち2冊も僕の本を入れてくれたのですから、それだけでも感謝、感謝。この名物企画が長く続いてくれることを祈るばかりです。
本当にありがとうございました。

そうそう、感想といえば、アマゾン(当ホームページからもリンクしてます)で、僕の本に感想を書いてくれている人がいるのを発見。なかには何冊も書いていただいている方がいて、胸が熱くなりました。読者様の声というのも、なかなか触れる機会がありませんので、非常に励みになりました(褒められてたし)。ありがとうございます。

では、今日は『性ノン講座』の第1回、睦月影郎さんが講師の日です。
当日でも入れますので、お時間がある方はぜひ! きっととってもディープな話が聞けると思います。で、帰りには僕の日の予約もお願いします!

カテゴリー: [日記] - 02:21:56

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章