トップページ > 日記

日記

日記/2017-06-20

週刊ポストで紹介されてます

急にブログのアクセス数が跳ねあがったと思ったら、これだった。

――ベストセラー官能小説家「女が濡れるセックス」自選名場面

という特集ページで『奪う太陽、焦がす月』(祥伝社文庫)が取りあげられています。自分で選んだ3つの濡れ場の引用に、コメント付き。思ったよりも大きく取りあげていただき、ありがとうございます。

カテゴリー: [日記] - 14:50:30

特選小説で新連載スタート!

明日発売の特選小説(綜合図書)で新連載が始まります。題して「あやまちは夜にしか起こらないから」。いままでにない斬新なテーマで挑みますので、どうぞよろしく。ちなみに、イラストはなんとびっくり森園みるく先生。乞うご期待!

あと、連載開始記念で作家的日常っていうリレーエッセイも書いてますが、こっちは我ながらくだらなすぎることしか書いてないので、まあ、暇なときのお目汚しに……せっかく新連載の第1話が美しいのに、台無しになる気がしてしかたがない。

あと先月出した『奪う太陽、焦がす月』(祥伝社文庫)が、けっこう売れてるみたいですね。ありがとうございます。久しぶりに20歳の女の子なんて書いて、いろんな思いがつまった1作ですので、まだお読みでない方はぜひ。

カテゴリー: [日記] - 07:48:41

日記/2017-06-19

まったくいつになったら

沖縄の梅雨は明けるのだろうか。しかも、いつものザーッと降ってパッとやむスコール風の雨ではなく、1日中降りつづけていやがる。そのぶん気温が低くて過ごしやすくはあるのだが、憂鬱だ。天気予報を見ても、全然晴れマークが出てこない。いっそ梅雨が明けるまで、東京のウイークリーマンションにでも避難しようかと思ったが……そうしたらそうしたで、酒の雨が降りそうで怖い。

カテゴリー: [日記] - 10:04:29

日記/2017-06-17

『欲望狂い咲きストリート』(実業之日本社文庫)発売中!

タイトルとカバーはコメディぽいですが、内容は『黒闇』に連なる――というか、『黒闇』の世界観をさらに進化させたシリアスなものです。ぜひお読みになっていただきたい1冊でございます。よろしくお願いいたします。

http://ur2.link/DXgY

さて、ただでさえ梅雨前線が沖縄の上空で停滞し、鬱陶しい限りな昨今ですが、ゆうべはガス台の電池が夜中の12時に切れるアクシデント。この前の冷蔵庫に続き、もっとも壊れてもらっては困るものが壊れる第2弾です。だいたいガス台のくせに電池が切れると火がつかないとかナメてる。停電になると使えなくなる石油ファンヒータ―みたいなもので、だったら最初から全部電気でいいじゃねえかと、うっかりエコキュート戦略に乗ってしまいそうに(乗らないけど)。で、夜中の12時にコンビニまで行きました。雨なのに自転車で……。

話はまったく変わりますが、2017年後半のスケジュールも細かく決まってきて、蟻も通れないようなタイトさに天を仰ぐばかり(雨だけど)。出そろった企画はどれもエキサイティングで、並べて眺めるとニヤニヤしてしまうほどですが、実際に書くのは……いや、考えるのはやめよう。大丈夫。いつものことだ……。

しかし、雨がやまねえなあ。うちにはいま食材がなにもない。米すらない。早くやんでくれないかなあ……。

※よくわからないかもしれないので補足しておきますが、歩いて行ける範囲にあるのは海だけという場所に住んでいるのに、僕はクルマの免許をもってないんです。免許とか資格とか卒業証書とか、なにひとつない。たくさんもってるのは×だけ。

※※あっ、ついでに書きますが、沖縄で今日開催予定だったAKBの総選挙イベント、中止になりましたね。うちからクルマで10分くらいのところにあるビーチなんですが、正解だと思います。海にカミナリが落ちると雷鳴が爆撃音みたいだし、ビーチには避雷針があまりない。去年はその隣のビーチで人にカミナリが落ちる事故が起こってます(ホテルの前のビーチなのに)。要するになにが言いたいかというと、雨が降ったらアイドルがイベントを中止するような場所に、僕は住んでるってわけでございます。

カテゴリー: [日記] - 10:59:53

日記/2017-06-13

冷蔵庫が壊れる

マジか。ここは沖縄なんだが。まだ3年くらいしか使ってないんだが。

カテゴリー: [日記] - 07:47:09

日記/2017-06-10

いただきもの

博多みやげの明太子をもらい、プリン体過多なのはわかっているが、好物なので食べてしまう。案の定、朝起きたらアキレス腱が痛い。

今日は泉州の水茄子が届く。ムシムシするこの季節、江戸っ子の俺は籐むしろにあぐらをかいてどじょうなんぞをつつきたくなるわけですが、関西の味は品があっていいね。痛風発作のため酒が飲めないので、日本茶を淹れて食べてみたが、旨い旨い。

ところで、このところ焼肉になんの酒を合わせるか問題で悩んでいる。1杯目は生ビールでいいとして、2杯目以降が問題だ。以前なら迷うことなくJINRO(日本のやつ)のボトルを入れたわけだが、いまでは1本飲みきる自信がない。

焼肉なんてそもそもそんなに好きじゃないし、行く店が決まってるわけでもないから、キープというわけにもいかない。半分くらいしか飲めない酒を入れるのはためらってしまう。となるとマッコリ……本場の味を知ってるから、まあ、なんというか、気乗りしないまま頼むことはあるけど、微妙に後悔が残る。

泡盛……これがまた微妙に焼肉とは相性が悪い気がしてならない。やっぱ甲類のほうが合うよな、と思いながら飲むからだろうけど。ワインという手もあるが、キムチと合わないのが致命的。肉しか食わないならいいんだろうけど……。

じゃあ、レモンサワー? 偏見かもしれないが、どうして焼肉屋で出てくるサワーってあんなにおいしくないのだろう? チューハイに対する愛情が感じられない。ウーロンハイも同じ。ウイスキーのハイボールはどうか……悪くはないが……飯食ってるときにウイスキーってなんかなあ。どうせ飲むなら、バーに移動してからにしたい。

う~~~ん、生ビールを飲み干すなり、JINROをカッパで~とか言って、ゴクゴク飲んでたころが懐かしい。

カテゴリー: [日記] - 22:43:15

日記/2017-06-06

『欲望狂い咲きストリート』(実業之日本社文庫)本日発売!

特選小説で連載していた「夜空を焦がす」がついに文庫化!(上のように改題されました)

http://ur2.link/DXgY

いやー、さすがに8カ月も連載してると思い入れもひとしおですね。いまできることはすべてやりました。ぜひ読んでください。ポップなカバーが目印。黒猫まな子さんのイラスト、素敵すぎる。

ところで、昨夜は久しぶりに那覇で痛飲。焼酎は夏の季語なのに、夏焼酎とはこれいかに? すっきりさわやかでうまかった。

ここんところ、あんまり飲まないようにしていたのですが、そうすると仕事が終わってからも、Amazonプライムなんかで眼を酷使してしまうので、どうしたものかと思ってました。飲んでるとさすがに眼は使わないので、今朝はいい感じ。宿酔いの気怠さもなんかいいぞ。今日は仕事がすいすい進む気がする。

カテゴリー: [日記] - 10:52:09

日記/2017-06-05

「これが官能小説だっ!【桔梗】」(綜合図書)

「特選小説」の増刊号ですね。

『夜の私は昼の私をいつも裏切る』が再録されています。ここだけの話、長編連載の第1回なんですけど、これだけ読んでも面白いと思います。続きが読みたい方は、新潮文庫に入ってますので、ぜひどうぞ。

巻頭の鼎談が読みごたえあり。
なるほど、「いちゃあま」ね。「甘~くいちゃいちゃすること」を、最近の業界用語ではそう呼ぶらしい。それにしても、「いちゃあま」だけで300枚のオファー……受けてみてぇ。書くよ、俺は。恋するフォーチュンクッキーとか口ずさみながら家事をしてるいまなら、1000枚くらい書ける気がするぅ。ってゆーか、小説なんてどうでもいいから、実生活で365日そんなことしてぇ。

カテゴリー: [日記] - 16:28:56

日記/2017-06-02

【業務連絡】草凪優の名前を使って

なんか変なメールが来た! と思った方がいましたらすみません。
悪戯じゃないんで、詳細確認したい場合は僕にご一報ください。
よろしくお願いいたします。

※最初のメールにはファイルを添付し忘れているので、【再送】のほうをご確認ください。

カテゴリー: [日記] - 18:00:32

日記/2017-06-01

甘い恋の気分に浸りたくて

ベタなラブソングをYoutubeで探してみたけど意外にない(知ってるやつに限る)。根本的に悲しい歌が好きなのだろう。

プリンスのリトル・レッド・コルベットとか、RCのOh! babyとか聴いているうちはまだよかったものの、どんどんドツボに嵌まっていき、結局はストーンズかよみたいな感じになったわけだが、レディ・ジェーンもルビー・チューズデイもブライアン・ジョーンズがなんか始めると一瞬にして甘い気分が台無しになる。ってゆーか、ブライアン・ジョーンズのことしか考えられなくなる。

ところで、No woman,no cry って、訳詞によると「どの女も、もう泣かないでくれ」なんですね。訳詞を全部読むとなるほどそうかもと思うものの、普通に訳せば「泣かない女はいない」ですよね(ずっとそう思ってた)。でも訳しようによっては「女さえいなければ、泣かなくてすむのに」にもなりますよね。なんか素晴らしい発見をした気がして、さっきからひとりで笑いがとまらない。

カテゴリー: [日記] - 20:49:51

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章