トップページ > 日記

日記

日記/2018-08-19

「平坦な戦場」はもうない

Amazonで『リバースエッジ』を観る。原作は発売当時に読んでるし、元ネタになったアメリカの映画も観てるわけだが……90年代、遠いな。隔世の感がある。

カテゴリー: [日記] - 09:26:34

日記/2018-08-18

映画『どうしようもない恋の唄』上映終了

まあ、小さいコヤで1日1回のレイトショーだったせいもあるんでしょうが、連日立ち見が出るような盛況ぶりだったとか。よかった、よかった。関係者の皆様、お疲れさまでした。

カテゴリー: [日記] - 07:23:33

日記/2018-08-17

感涙

8月30日発売の単行本『ジェラシー』、見本を全国の書店員さんに送ってあるので、毎日のように版元経由で感想が送られてくる。すごく嬉しい。書き手の思いをきちんと拾いあげてくれていて、読むたびに勇気が出る。早く読者の方々にもお届けしたいです。

カテゴリー: [日記] - 10:35:22

日記/2018-08-16

昼寝ばっかりしてるので、

必然的に悪夢ばかり見ているわけですが、全身汗みどろでハアハア言いながら眼を覚ますようなひどい夢を見ても、寝るのが怖い、というふうには思わないのが謎です。むしろ2度寝にチャレンジしてみたり。なんでだ? てゆーか、たまには楽しい夢が見たい。ドラえもんみたいなやつ。

カテゴリー: [日記] - 12:44:36

日記/2018-08-15

沖縄はたいてい、雨が降ってもすぐやむのに長雨の様相。久米島付近で突然、台風が発生した模様。

風も雨もやばい感じではないし、これから直撃するってわけでもないようだが、自転車に乗って買い物に行ける雰囲気でもない。傘もつらそう。こうなると延々と降りつづくのも沖縄。

食糧はもうシーチキンくらい残ってない。

どうしよう。。。

カテゴリー: [日記] - 15:59:10

日記/2018-08-13

トークショー&サイン会

イベント情報、八重洲ブックセンターのHPにも告知が出ました。

http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14523/

しかし、よくよく考えてみたらトークショーなんてやるのは初めて(人前で話すの苦手だし)。サイン会は柚木郁人さんとコラボしたとき1度だけやった。柚木くんが来場者全員にもれなくセーラー服を配った伝説のサイン会。バックヤードに大量のセーラー服があって、悪夢のようだった。

まあ、話すことがないわけじゃないので、頑張りますけれども……客席ガラガラだったら恥ずかしいので、ひとつよろしくお願いいたします。俺のサインはともかく、中原さんのサイン入り初版本は、そのうちサザビーズとかに出品できるかも。

カテゴリー: [日記] - 05:24:54

日記/2018-08-09

募集

8月30日発売予定の単行本第2弾『ジェラシー』で、版元さんがゲラを読んでいただける書店員さんを募集しています。

https://twitter.com/JITSU_NICHI/status/1027027749020491778

ご協力いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

そして、挿画を描いていただいた中原亜梨沙さんのツイッター。

https://twitter.com/arisanakahara

僕のところにも昨日見本が届いたのですが、あまりに美しい出来映えに、しばし時を忘れて眺めてしました。もはや美人画ではない、と個人的には思います。なんかもう、この本は中原さんが最初に挿画を描いた本として歴史に残りそう。

カテゴリー: [日記] - 13:21:04

日記/2018-08-08

アンソロジー発売

『薫り』(双葉文庫)。執筆陣はいつもの偉い人たち(俺以外)。

http://urx3.nu/LpjN

カテゴリー: [日記] - 10:25:20

驚いた

原稿がらみで中国地方の風俗事情を調べていたところ、すげえ店名の店を発見。

「激安ザ欲望まみれの借金妻」

店名だよ。風俗店の名前は無茶なパロディとかよくあるけど、これは……。

しかも、キャストの中心が40代で、50代60代も平然とラインアップされている。

おまけに、「綺麗系」や「癒やし系」と並んで「普通」というキャプションが頻出。普通って……52歳「熟女系」の隣が63歳「普通」とか、もう訳がわからない。

トドメに、喫煙率が異様に高い(たぶん5割以上)。普通は吸っても吸いませんと書くのでは? 履歴書の健康欄に良好って書くのと同じで……まさか、借金妻には煙草の匂いがよく似合うという演出?

それとも、美しい嘘より、リアルな情報?

これが岡山クオリティなのか?

風俗店のHPでここまで興味をそそられたのは、鶯谷デッドボール以来だ。

カテゴリー: [日記] - 02:04:51

日記/2018-08-07

台風の話

関東にでかいのが接近中とか。

最近はすかされてばかりいるが、沖縄は風速25メートルを超えると公共の交通機関が停まり、仕事は休みになる。よって、前夜から宴会になるのが常だし、俺の住んでいる港町では、台風が来ると血が騒ぐ向きが多いようで、若いのからオジイまで喜んで飲みに繰りだす。普段は100メートル先でもクルマで移動するのに、台風のときに限って無闇に外を歩きたがるやつまでいる。

俺も最初は真似していたものだが、窓に指が挟まって飛ばされたという話を聞いて出歩くのをやめた。

子供のころから台風に慣れている人間の真似をしても、ろくなことにならないと思ったからだ。前に雪国に住んでいたころ、雪に慣れている人間は、絶対に軒下を歩かなかった。つららが落ちてくる可能性があるからだ。そういうことを皮膚感覚でわかってないと、自然は怖い。俺のようなシティボーイは、きっと死ぬまでわからない。

東京に大雪が降ったとき、テレビがガランとした居酒屋で飲んでいる数名の客を映し、「外は雪ですが大丈夫ですか?」とリポーターが訊ねたところ、自分たちは福島から来ているんだ、と豪語していたのを見たことがある。この程度の雪はなんでもないというわけだ。さっさと帰れ! と俺はテレビに向かって突っこんだ。タクシーで帰ろうとしたら、運転手が雪なんか見たことのない南国出身者で、生まれて初めてスタッドレス履きました、みたいなやつだったらどうするんだ? そうじゃなくても、雪道走るの下手クソなやつばっかりだぞ。雪や台風に慣れていても、都会に慣れていないのも怖いもんだ。

無事に通り過ぎてくれればいいですが。

カテゴリー: [日記] - 11:29:57

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章