トップページ > 日記

日記

日記/2017-05-23

のらない

終日机に向かっているのに全然進まない。書いては消し書いては消しで、いい加減疲れてきた。気分転換に酒でも飲もうと思っても、最近飲みすぎてて調子が悪い。那覇には現在、ドリンク2杯+つまみ1品で500円という、モーニングサービスを出す立ち飲み屋がある。朝6時開店。ついに新世界もびっくりなアル中天国になってきた。あまり近づくのはやめようと思う。

外は延々と雨。南国の梅雨の湿気は尋常ではない。早くもスニーカーが黴びる。うちには4台の除湿器があり、それをフル稼働でまわしていても、まだ足りない。六畳間で4時間まわして、1リットルとか水が溜まるのである。

さて、発売中の特選小説に「覆面ソープの怪」最終回が掲載されています。永田先生のコーナーには、『良妻恋慕』の紹介も。いつもありがとうございます。

特選小説では来月から、また新連載が始まります。タイトルは「あやまちは夜にしか起こらないから」。乞うご期待。

我ながら元気ないな~。

カテゴリー: [日記] - 02:30:28

日記/2017-05-16

『僕とカノジョの密やかな30日』佐鳥小五(マドンナメイト文庫)

なぜか版元から献本が送られてきた。新人さんらしい。よほどの自信作なのだろうか。俺が人の作品の悪口しか言わないひどいやつだってことを知らないのだろうか。

ペンネームが小五って……と、嫌な予感を覚えながら読んでみると、意外にも爽やか。しかも文章が達者だ。ロリ小説の核心的な描写がずいぶん薄められているような気がするが、そのぶん読後感がいい。

まずモテない若者が公園で女の子を拾ってくるというアイデアに引きがある。

俺なら四十路のおばさんを拾ってくるけどな、と一瞬思ったが、そんなすれっからしの薄汚れた感性とは無縁の清らかさがあって、「すずのオマ×コ……とっても可愛いよ」という台詞に胸を打たれる。台詞がいいんじゃなくて、こういう台詞を成立させるために何百枚も費やすのが官能小説なわけだから、並みの書き手ではない。

こういう世界観っていいよね、2作目、3作目と続けていくうちに、もっと進化しそう、と思うのだが……。

うーん……。

褒めてばかりで終われないところがあるのも事実で、とにかく主人公のキャラが弱いよ。弱っちい男を描くことと、キャラが弱いのは別問題。テンション低すぎる。ヒロインの造形が悪くないのに、イマイチ迫ってこないのはそのせい。

一人称に近い三人称を達者に使ってるけど、タイトル通り思いきって一人称って手もあったのでは? あと中盤の三角がきっちり組めてない。ここがドラマチックに盛りあがれば、また別の印象になったかも。出だしとラストがいいだけに残念。

ということも含めて問題作。注目の新人であることは間違いない。あ、梅干しチャーハンはよかったです。

カテゴリー: [日記] - 07:16:24

日記/2017-05-14

『奪う太陽、焦がす月』(祥伝社文庫)発売中!

新刊出てます。書き下ろしです。

http://ur0.work/DsAY

ちょっと変わったタイトルですが、新たな地平を切り拓くしっとり路線のエロです。このところ熟女、人妻を書くことが多かったんですが、珍しく20歳の女の子がヒロイン。若い子はいいですねえ、さっぱり理解できないところが(笑)。

沖縄は全国に先駆けて、早くも梅雨入り。月も星も太陽の光もない季節にぴったりな作品だと思いますので、雨の夜長にぜひどうぞ。

カテゴリー: [日記] - 10:11:06

日記/2017-05-13

サイン本あります

以下の書店さんにサイン本を置かしていただきました。今回はちゃんと判子も持っていったので、いつもよりちょっと豪華です。サインをしたのは『義姉さんは僕のモノ』(竹書房文庫)。ひとつよろしくお願いいたします。

神保町・三省堂本店

神保町・書泉グランデ

秋葉原・書泉ブックタワー

東京駅・八重洲ブックセンター

高田馬場・芳林堂書店

5月10日のところに写真出てます。私がいかに本気で書店まわりをしたのかわかっていただけると思います。眼が死んでいるのは、夕方になっても前日の酒が抜けてないからですが……。

https://twitter.com/yaesu_bungei

どの書店さんも、本当に官能小説を盛りあげてくれようとしていて、ありがたい限りでした。深謝、多謝。

カテゴリー: [日記] - 19:44:07

日記/2017-05-01

5月

そろそろ花粉もなくなったでしょうから、来週はちょろっと上京。

新緑のこの季節、真っ昼間の千束商店街が、俺がこの世でいちばん好きな散歩コース(できれば風呂上がりで、三ちゃんあたりでビールでも飲むか、みたいな感じ)。

大林の庭の緑も綺麗かな。下駄を新調してから行こうかな。

などと夢を抱いてますが、おそらくシリアスな打ち合わせと書店営業で、のんびり気分じゃないわね、な気がする。

カテゴリー: [日記] - 09:16:33

日記/2017-04-20

新刊発売中!

『義姉さんは僕のモノ<新装版> 』(竹書房文庫)。

http://ur0.pw/D2Co

プロットがまとまらず半ばノイローゼ状態で戦争映画とやくざ映画を観つづけているうちに、発売になってました。以前出したものの新装版ですが、珍しい義姉ものですし、この作品は書き下ろしが発売になる直前、311の地震があったので、あまり読まれていないと思います。この機会にお手に取っていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

版元さんも気合い入ってるみたいで、来月はこの作品のために書店営業で上京する予定。サイン本とか並ぶと思いますので、そのときはまたよろしくお願いいたします。

カテゴリー: [日記] - 12:43:34

日記/2017-04-15

Amazonプライムのせいで

PC画面で映画を観るのをやめられなくなり、喫緊の締め切りがないと、年間300本を観ていた10代の映画狂時代に戻ったかのよう。当時は新宿昭和館と池袋ロサ劇場を徒歩ではしごしていたりしたが、こんなものがあったら部屋から一歩も出なかったはず。塚本晋也の『野火』と、市川崑の『野火』を見比べられるとか、なんかすげえ。それにしても、観てるのはモノクロ画面ばかり。木下恵介の『陸軍』とかやばかった。最近の若い役者はみんな演技力があって、リスペクトしてる人も多いですが、田中絹代に打ちのめされる……。

あと深作欣二の『軍旗はためく下に』ってこれ、長らく観られなかったはずなのに、どうして平然とラインアップされてるの? 脚本に新藤兼人が名を連ね、主演が丹波哲郎と左幸子。不協和音がすごいわけですが、『ゆきゆきて、神軍』×『羅生門』(藪の中、最近の例だと『ゆれる』)って感じで、この後に『狂犬三兄弟』からの『仁義なき戦い』に向かっていくことを考えると、ここが転換点。唸るしかない。

カテゴリー: [日記] - 14:02:07

日記/2017-04-14

気温23度、湿度50%

いい天気だ。沖縄は初夏。窓からは心地よい潮風。珍しく昨日は酒を抜き、朝風呂なんて入ってみたら、生きているだけで丸儲けな気分になり、洗濯などしてしまう。天気がいいと、洗濯物を干すのも楽しい……のだが……干してる途中でロープが切れる。洗ったタオルがコンクリートの地面にドサッと落ち、いい気分台無し。

気を取り直して、ネットスーパーにアクセス。注文しているうちに締め切り時間が過ぎ、今日中に届かない……。

禍福はあざなえる縄のごとし。

カテゴリー: [日記] - 12:31:19

日記/2017-04-13

『良妻恋慕』(双葉文庫)本日発売!

叶わぬ恋のお相手は、野球選手の恋女房

http://ur0.link/CNbG

双葉文庫50冊目の記念作品です。よろしくお願いいたします。

ひとつのレーベルで50冊も書かせていただけるなんて、感慨深いものがありますが、書くときはいつも新人の気分です。エロ小説にはやっぱり、瑞々しさや初々しさが必要ですよね。

カテゴリー: [日記] - 03:01:11

日記/2017-04-11

『良妻恋慕』(双葉文庫)13日発売!

なんと……双葉文庫で50冊目にあたるアニバーサリー作品!
そして、全著作150冊目の記念でもあったりします。
けっこう頑張ったよな、と思っても、官能小説で150冊書いたくらいじゃ全然自慢できないのは、誰のせいなのか……。
とにかく、すべてのキャリアを惜しみなく注ぎこんだ「明るく、楽しく、激しいエロス!」。ぜひ!

http://ur0.link/CNbG

テーマは野球選手の妻なんですが、高校時代から体育系の筋肉野郎に煮え湯を飲まされてきたポンコッツ3人組が寝取りに奔走します。私自身、野球選手とは間違っても気が合いそうにないですが、野球選手の妻っていいですよね。紗栄子とか……いや、すいません。いまパッと他に例が浮かばなかったんですが、紗栄子様じゃ別の種類のファムファタールになっちゃいますね。仲根かすみとか……その一点だけで、どうしても和田毅を応援できなかったのは私です。申し訳ない。そんなメジャーじゃなくても、地方局の女子アナとか、みんないい女を娶ってますよね。最近、週刊大衆かアサヒ芸能で「プロ野球選手の嫁」ってグラビア特集をやってたんですが、どっかいっちゃった……。

という感じで新刊をご紹介してきたわけですが、実はこの作品、ダブルヒロインもので、片一方は野球とはまったく関係ないキャリアレディ。タイトスーツ、メガネ、たわわな巨乳といういかにもなタイプなわけですが、そのぶん性癖とかシチュエーションとか懲りまくってて、担当者の反応はこちらに集中してました。こんなヒロイン像よくあるじゃん、と自分で書いておきながら俺はぶんむくれ。「戦力外通告を受けた野球選手の妻」のほうが画期的だよ。そんなの読んだことないもんね。もしかして、巨乳じゃなかったからリアクション薄かった?

カテゴリー: [日記] - 12:42:06

ページ管理者:草凪 優
イラスト:小玉 英章